1. PPssPP [あなたはユニークです]トップ
  2. グルメ
  3. 愛媛の冷汁(さつま汁)が5分で作れるのに、夏バテ中でも食べられるほど美味しくてハマる!

愛媛の冷汁(さつま汁)が5分で作れるのに、夏バテ中でも食べられるほど美味しくてハマる!

Share

愛媛の冷汁「さつま汁」は簡単に作れて、栄養も豊富。夏バテ中にもぴったりのレシピなので、ぜひ作ってみてください!

愛媛の冷汁(さつま汁)が5分で作れるのに、夏バテ中でも食べられるほど美味しくてハマる!

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。

先日初めて、愛媛県にお仕事で行きました。そのときに食べた「さつま汁」という料理がとても美味しく、夏にぴったりな味わいだったんですよね。

しかも、調理時間はものの5分ほどしかかからない、超お手軽料理なんです! 火を使わずに作ることができるので、暑い季節、キッチンに立ちたくない......! という方にもオススメです。

さっそくご紹介します。

■夏バテ時にもぴったり! 愛媛のさつま汁

材料(1人分)

白味魚の刺身 100g
麦味噌 大さじ1
めんつゆ 大さじ1
水 100cc
ドライ柚子皮 適量
青ネギ 適量
白いりごま 適量
ご飯 1膳

作り方

1、白味魚の刺身は耐熱皿に入れ、ふんわりとラップをかけたら、600wの電子レンジで3〜4分加熱する。

2、1と麦味噌、めんつゆ、水をフードプロセッサーに入れ、攪拌させる。

※フードプロセッサーがない場合は、すり鉢などを使う。

3、食べる際は2に柚子皮や青ネギ、白いりごまを入れ、ご飯にかけて食べる。

さつま汁は、麦味噌を使い、薬味にみかんの皮などを入れるのが一般的なのだとか。

今回は、みかんの皮ではなく、柚子皮を使っています。爽やかな香りが口に広がり、さっぱりと食べることができますよ。

刺身用のお魚ではなく、焼き魚用のお魚を使うのも、もちろんOKです。前の晩に残ったお魚をリメイクできるのも嬉しいですね。

さつま汁の由来には、諸説あるそうですが、「九州の鹿児島(薩摩)から伝わったという説」「夫が妻を助けるために作ったことから、妻を補佐する『佐妻』汁となったという説」が有力だそうですよ!

魚からたっぷりのタンパク質、麦味噌から食物繊維も摂ることができるので、夫を助けるために作ったというのは個人的に推したい説です。

暑いこの季節に簡単に作れて、栄養もしっかり摂れる「さつま汁」、ぜひ作ってみてくださいね。

Share

河瀬 璃菜

料理研究家・フードコーディネーター。愛称は「りな助」 1988年5月8日生まれ。福岡県出身。 レシピ開発や料理教室講師、イベント企画運営、メディア出演、コラム執筆、執筆プロデュースなど、食に関わる様々な活動をさせてい...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article

Instagram

自分らしく輝きたい女性のためのウェブマガジン「PPssPP」公式アカウントです。
ファッション、トラベル、ビューティー、グルメの
おすすめ記事をピックアップしています。