1. PPssPP [あなたはユニークです]トップ
  2. ワークスタイル
  3. そのパワハラ、撃退できます。6タイプのパワハラ上司への対処法

そのパワハラ、撃退できます。6タイプのパワハラ上司への対処法

Share

もし明日、ひどいパワハラ上司が出現したら、どう対応するといいだろうか? キャリアを築く女性たちに送るパワハラ撃退方法をご紹介します。現在30代。いろいろなパワハラを受けてきて、都度対応策を考えてきた私のアイデアです。少しでも参考になれば幸いです。

そのパワハラ、撃退できます。6タイプのパワハラ上司への対処法

女性にとっての23歳から29歳といえば、大学を卒業し、就職することで世界も広がる楽しいとき。

現在30代の私は、そんな時期をいわゆる「日本的」会社で、早朝から深夜まで働き、終電やタクシー帰りは当たり前という世界で、動物園のようにさまざまなタイプのパワハラ上司たちと対峙する日々を過ごしていました。

ひどい時期は、上司とのMTGのために23時45分まで待たされ、深夜2時終了は当たり前で、はしご外しや、ちゃぶ台返しも当たり前、なんてこともありました。

ここまでひどくない場合でも、「パワハラを受ける」ことは交通事故よりも頻度が高く、自分たちの意思に反して私たちに次々と降りかかってきます。

パワハラ上司に遭遇したときはどうしたらいいのか、よくある記事では「身近な人に相談」「上司に相談」等々、書いてありますが、実際そんな風に対応することができるものでしょうか。

会社に相談すると、パワハラをしてきた本人にも会社に相談したことが知られるし、会社が自分の味方になってくれるかわからないケースもあるでしょう。また、会社に報告したらさまざまなことを、「確認」としてヒアリングされ、説明しなければならなくなります。

会社や身近な人に相談することは、ソリューションとして正しいとは思いますが、「とてもそこまでできない」と感じる方も多いのではないでしょうか。

今まで遭遇してきたパワハラに対するベストなソリューションについて、自身の経験を思い返しながら、ここに書き連ねました。読者の皆さんにとって参考になれば幸いです。

■さぁ、パワハラ上司にどう対処する?

まず、相手が男性か女性かにより、多少の違いは生じると思いますが、大部分は変わらないように感じています。私の場合は、基本的に男性からのパワハラを受けていました。

次に、パワハラをしてくる上司は、基本的にEQ(心の知能指数)が低く、精神年齢も低いと捉えておくべきです。こんな対応をしたら、相手がどう感じるか、という想像力がありません。

大人の常識を求めず、大人な会話ができるとは思わずに、対応するのが望ましいです。

1.案件を相談しに行くと、説明を聞かずに書類だけ見て、書類を投げる上司

【該当類型】   精神的な攻撃

【本人ダメージ度】  中レベル

【対処方法】
(1)書類を二部用意しておきます。上司が投げた後に、アン・ハサウェイが、ハリーポッターの原稿をメリル・ストリープに渡したように「あなたの望むことは心得てますよ」とばかりに、渡してあげましょう(『プラダを着た魔女』を参照のこと)

(2)相手の感情を想像し、同じ気持ちでいるような雰囲気を出しましょう。例えば、上司が面倒くさがりそうな案件だったら、「面倒くさいですね、困りましたね。なんとか対応したいです!」という顔を用意し、アイコンタクトをしながら、穏やかに接します。相手はこちらが計画的にしているとも思わず、「自分と同じ気持ちなんだな」と思って、少しばかり仲間意識を持ってくれるはずです。

(3)2秒間、その対応を実施すると、相手の気持ちも収まっているケースが多いです。その後、具体的な仕事の話を進めましょう。

2.意図を確認するために質問をすると怒鳴る/威嚇する上司

【該当類型】 精神的な攻撃 

【本人ダメージ度】 高レベル
 怒鳴られたくはないが、上司に確認しないと仕事が進まないというジレンマを持つケースです。怒鳴られることに慣れている人は少ないでしょうし、冷静に対応することは難しいといえます。

【対処方法】
(1)怒鳴られたら、わざと1拍置きましょう。1拍はとても有効です。相手は私たちを萎縮させたいので、こちらが1拍黙ると、「おぉ、自分の態度が響いているぞ」と勝手に勘違いして、いい気持ちになります。1拍置くことで、私たち自身の気持ちの建て直し時間にもなります。

(2)1拍置いた後、相手に負けないくらいの大きな声で、はっきりと話し始めましょう。相手に「こいつには効かない」と思わせることもできるし、ヒートアップしている子どもに、大きな声で諭すお母さんと同じ原理です。

3.好きな部下にだけ情報を共有し、嫌いな部下には情報を共有しない上司

【該当類型】 人間関係からの切り離し

【本人ダメージ度】 高レベル
 このやり口が一番陰湿でひどいと私は思います。仕事が回らなくなり、パワハラに周囲が気づいてくれない間、自分の仕事ができていないと周りから責められることになってしまいます。さらに仕事が進まず、関係者に迷惑もかかってしまいます。私の経験上、このタイプのパワハラを認知しているにもかかわらず、放置するような組織である場合、辞めて他の企業へ移った方が良いです。

【対処方法】
(1)実態を説明できないままパワハラを訴えてしまうと、周りからは良いように見られません。悪い方向にいくと「甘えている」「被害妄想」とも言われかねません。

(2)まずは、小さいことやとても平易なことからでいいので、自分にも情報を共有してほしいと、上司に声をかけてください。

(3)それでも同じ状況が続く場合、相手は意図的に実施しており、パワハラだと被害を訴えることが可能な証拠ができます。

(4)事例が積み重なったところで、同じ部署の先輩や斜め上の上司に相談しましょう。徐々に相談相手のランクを上げていくことをおすすめします(このパターンだけは、パワハラ加害者本人と1対1で解決することが難しい話だと思います)。

4.教育(ストレッチタスク)と称して、自分にもできないような大きな案件を部下にさせる上司

【該当類型】 過大な要求

【本人ダメージ度】 低レベル
 このタイプがしんどい理由は、難しすぎる案件に押しつぶされそうになる精神的ダメージの大きさです。失敗したら多くの関係者に迷惑がかかることの重圧ですね。

【対処方法】
 これには、対処にふたつのパターンがあると思っています。
(1)パターン1 責任回避しようとする(対応しないようにする)上司を逃がさないように、会話の中でうまく意思決定を行っておき、自分だけではできない判断をさせること、何かトラブルが起こったときに「知らない」と言わせないことです。

(2)パターン2 上司のその上の上司に相談しましょう。そして仕事達成のために必要な支援をしてもらいましょう。

5.自分の期待通りにできない部下に対して、1回のミスで仕事を任せなくなる。明らかに本人の仕事内容を他の人に振り始める上司

【該当類型】  過小な要求

【本人ダメージ度】 中レベル
 こうしたケースの多くが、上司からわかりやすい依頼を与えられていない場合が多く、パワハラ加害者側の主張としては、「◯◯さんが仕事をきちんとできないから」というもの。そう言われると、こちらは心理的ダメージを受けてしまいます。

【対処方法】
(1)最初は、3番と同様、パワハラを訴えずに、「教えてください」と言いましょう(「くそぉ」とも思いますが、相手は自分よりも人生経験も仕事経験もあります。ストレートな教えを請う姿勢は、相手がどんなに悪い人であれ、関係性を悪化させることはありません)。

(2)上司からの命令でも、自分の仕事が渡った相手(先輩と仮定)に対して学ぶ姿勢で、すべてを相談してみましょう(そこで解決策が出てきたらラッキーです。勉強にもなります)。

(3)先輩に相談したが、解決策はまったく出てこなかった/何も進展しなかった場合には、その状況を上司にまた説明に行きましょう。先輩に同席してもらうことをおすすめします。理由としては、パワハラ上司は自分に対してポジティブな感情を持っていないので、自分ひとりの考察結果よりも、先輩が一緒にいることが武器になります。

(4)それでも上司が自分で対応しようとしない場合、仕事が達成されない可能性が高い(&補足背景としてパワハラも付け加えて)ことを理由として、その上の上司に直に相談しにいきましょう。組織風土、その上の上司との関係性により、直上司を飛び越えることがやりにくい場合もあるかもしれませんが、その場合には斜め上の上司や先輩に支援してもらいましょう。

6.変なあだ名を付けて頻繁に呼び、他の人が本人と絡みづらい雰囲気を作る上司

【該当類型】  人間関係からの切り離し

【本人ダメージ度】  低レベル(個々人によるかもしれません)

【対処方法】
(1)あだ名を付けられたら、最初の2回まで笑いながら、「ひどいー。やめてください(笑)」といなしましょう。お水のおねえさんが、調子に乗っているお客さんをいなすようなイメージです。

(2)それで変わらなければ、3回目、仏の顔も3度までです。「何なんですか?」と真顔で言ってやりましょう。

(3)これら一連の流れをオープンスペースにいるときに実施することが肝です。一発で止むはずです。

■まとめ

「ここまで大きな態度は取れない」と感じる方もいるかもしれませんが、いざ1回実践してしまえば、絶大な効果を感じられるはずです。

職場での「パワハラ」は、小学校の「いじめっ子」と「いじめられっ子」の関係性に、「上司」と「部下」という社会的地位の差が追加されて、「いじめっ子」が本人自身よりも強くなったバージョンです。

いじめられっ子がいじめっ子を倒すシーンは、いろいろな映画にも出てきますよね。共通するのは、いじめられっ子が立ち上がり、自分の意思の強さを体現することです。

ですので、皆さんも「困ったな」と思う上司がいる場合、一発大逆転を狙わず、チクリチクリと少しずつ、自分を出していってください。

上司によるハラスメントは、今一般的にタブーとして認識され始めました。会社側も皆さんの味方となって、対応してくれるはずです。

働きがいのある働きやすい職場で、存分に自分の実力を発揮していきましょう。『PPssPP』読者の皆さんと同世代の女性より。

画像/Shutterstock

Share

萩尾 メリル

エッセイイスト、起業家。美容家。1986年生まれ。国立大学卒業後、20代のハードワーク経験と洞察力・センスを武器に、多種多様な分野で活躍中。仕事では、情報通信、金融、アパレル企業、人事分野など、幅広な経験あり。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article

Instagram

自分らしく輝きたい女性のためのウェブマガジン「PPssPP」公式アカウントです。
ファッション、トラベル、ビューティー、グルメの
おすすめ記事をピックアップしています。