1. PPssPP [あなたはユニークです]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』感想。この秋、かけがえのない愛に涙する!

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』感想。この秋、かけがえのない愛に涙する!

Share

【シネマの時間】第42回は、岩田剛典×杉咲花 W主演で贈るこの秋最高のラブストーリー!映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』をご紹介。インテリアコーディネーターとして働くヒロインと事故で車イス生活になっていた初恋の相手との純愛を描く漫画『パーフェクトワールド』(有賀リエ/講談社「Kiss」連載中)待望の映画化です!

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』感想。この秋、かけがえのない愛に涙する!

こんにちは。アートディレクターの諸戸佑美です。

秋も深まって参りましたね。人恋しい季節、心洗われる感動のラブストーリーを観てみませんか?

【シネマの時間】第42回は、インテリアコーディネーターの女性と、彼女の初恋の相手で事故により車椅子生活を送りながらも建築士として前向きに生きる先輩との純愛を描いた人気コミックの映画化『パーフェクトワールド 君といる奇跡』をピックアップ !

主人公、鮎川樹役を演じるのはEXILE/三代目 J Soul Brothersのパフォーマーであり、俳優としての活躍も目覚ましい岩田剛典。

樹を全力で支えるヒロイン、川奈つぐみ役には、若手演技派女優として注目される杉咲花。

企画・プロデュースは、『植物図鑑 運命の恋、拾いました』の井上竜太プロデューサーが務め、『植物図鑑』のスタッフが再結集。

監督には、『流れ星が消えないうちに』の柴山健次が、ラブストーリーだけではない誰にでも起こり得るシビアなテーマを優しい目線でリアリティーを持って魅力的に演出しています。

今回、舞台挨拶のほか全国286館の映画館にも生中継で放送された「一夜限りのパーフェクトナイト」先行上映会などのイベントも開催され、熱い盛り上がりを見せる本作。

岩田剛典、杉咲花の人気だけでなく、試練を乗り越えて生きていくふたりの強さが、男女問わず全世代から共感を呼び、週末動員ランキング実写邦画第1位を獲得しています!

”この秋、かけがえのない愛の物語に涙する……!”

10月5日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開中です。

■映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』“一夜限りのパーフェクトナイト” 開催!

9月26日、映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』公開直前イベント「一夜限りのパーフェクトナイト」が行われ、W主演の岩田剛典と杉咲花、主題歌『Perfect World』を歌うE-girlsのフルメンバーが登壇!

E-girlsによる主題歌「Perfect World」の生パフォーマンスの初披露に始まり、完成披露試写会来場者の感涙続出にちなみ、「人生で一番感動の涙が流れた瞬間」を登壇者でトークセッション。

映画の物語と音楽のコラボレーションを一度に触れ、映画をパーフェクトに楽しむことができるスペシャルナイトに会場は熱く盛り上がりました!

観客のあたたかい声援に迎えられ、主人公の樹(いつき)を演じた岩田剛典は「本日は、お集まりいただきありがとうございます。今日は楽しみにしてきました。この映画は、この秋最高に切なく感動できる映画になっていると思います。

作品を見終わった後、きっとあたたかい気持ちになって、自分の身近な方や大切な方をより大事にしたいと思うでしょう。

ラブストーリーということだけではなく、今を一生懸命生きることの大切さ、人生の中で大切なことを教えてくれるような映画に仕上がってると思います。どうぞ楽しんでいってください」と挨拶。

舞台上では、E-girlsによる主題歌「Perfect World」の生パフォーマンスも華やかに初披露。

司会者より感想を聞かれた岩田は、「この映画のために書き下ろしていただいた映画の世界観やメッセージを詰め込んだ 楽曲で、映画と音楽がマッチしたエンターテイメントになっていると思います。パフォーマンスも本当にキレキレで感動しました」と大絶賛。

杉咲は「最近 E-girls のライブも行って、初めて生のパフォーマンスを見せていただき、感動して虜になったところだったんですが、今日はなんと舞台袖というなかなか見れない場所から見ることができて鳥肌が立ちました」と喜びを語りました。

E-girlsによる主題歌「Perfect World」のスペシャルパフォーマンスを初披露

そして本作の、切なく胸を打つラブストーリーにちなみ、「今までの人生で泣きそうになるくらい感動したエピソード」を質問。そのエピソードにまつわる「パーフェクトワード」を披露するというトークコーナーも展開。

E-girls を代表して佐藤晴美が「涙のオツカレ」とパーフェクトワードを発表し「11人になって初めてのツアーファイナルを迎えた際、最終日にスタッフさんが“オツカレ” という4文字で大きなボードを飾ってくださっていて、現場の皆さんの温かさと愛を感じ、メンバー全員号泣でした」と感動のエピソードを披露。

次に杉咲が「クランクアップ」とパーフェクトワードを発表。「この映画では、今までにないくらい一つひとつのシーンで監督や、キャスト、スタッフの皆さんと話し合いを繰り返しながら映画の撮影をしました。

このシーン上手くいくかなと不安なこともあったんですが、現場がとにかく楽しくて、この映画のように温かく優しい空気の流れる現場で幸せでした。現場のことが大好きになっていて、終わったときは泣いてしまいました」とクランクアップの際に涙したことを告白。

岩田は「三代目JSBオーディション合格」とパーフェクトワードを発表し「デビューが決まったときですね。肉体的、精神的にも追い込まれていたとき、事務所の社長であるHIROさんからオーディション合格の発表があって、今まで張り詰めていた緊張が解けて涙が溢れました。いまだに鮮明に覚えている涙の思い出です」と感動的なエピソードを語りました。

「一夜限りのパーフェクトナイト」フォトセッション

最後に映画の魅力を改めて聞かれたふたり。

岩田は「本日はありがとうございました。本当に劇場で観ていただきたい映画ができたと思っています。

今回、障がいと向き合う役を初めて演じさせていただいたんですが、障がいを抱える青年やその恋人、家族、同僚、友達など登場人物の誰かひとりの心情には感情移入できる作品だと思います。

ご覧いただいた皆さん一人ひとりが感じたことを多くの方に広めていってくださったら嬉しいです。

自分自身、このような作品に関わらせていただけて嬉しく思っています。

何より花ちゃん史上一番可愛い役なんではないでしょうか。是非とも劇場でご覧ください」と映画にかける熱い思いを伝えました。

杉咲は「王道のラブストーリーとして、キュンキュンドキドキしたりするのはもちろん味わえるのですが、それだけでなく明日が来るという喜びだったり、大切な人がいるという尊さを感じられる、大切な人をより大事にしたいと思える作品になっていると思います。

そしてラストシーンにぴったりのE-girlsの楽曲がとにかく素敵なので、映画も主題歌もどちらも楽しんでいただけたら嬉しいです。今日は、ありがとうございました」と本作の魅力を笑顔でアピール。

その後もフォトセッション、映画上映と素敵な「パーフェクトナイト」となり、大盛り上がりでした。

■映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』あらすじー再開した初恋の人は、車椅子に乗っていた。

インテリアコーディネーターとして働く川奈つぐみ(杉咲花)は、初恋の人で高校時代の憧れの先輩・鮎川樹(岩田剛典)と取引先の飲み会で偶然再会します。

樹は小学生の頃からの夢だった一級建築士となり、建築設計事務所に勤めていました。

あの頃と変わらぬ笑顔にときめいたつぐみでしたが、樹が車イスに乗っていることを知り、驚きと戸惑いを隠せません。

打ち合わせのためにつぐみが樹の職場を訪れた夜、樹の行きつけの店でふたりは夕食を共にします。

そこで樹は、大学3年のとき、事故に遭って脊髄を損傷したこと、歩けなくなったこと、それでも建築士の夢を諦めなかったことなど仕事に対する熱い思いまで語ります。

最初は戸惑うつぐみでしたが、建築士として前向きに生きる樹と接しているうちに、彼への想いを再び募らせていきます。

「私は、今でも先輩が好き」そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ」と頑なだった樹も心を少しずつ開いていきます。

やがてふたりは、付き合うことに。

楽しいデートを重ね、一緒にいる幸せを感じるふたり。

つぐみは、仕事をしながら樹を支えたいとがんばります。

しかし、ある日ふたりの間に悲劇的な事件が勃発。

それをきっかけに周囲を巻き込んで、ふたりの日々にも変化が訪れることになるのでした。

お互いを大切に思い、愛するがゆえに生まれる葛藤。

「好き」だけでは超えられない試練を前にすれ違うふたり。

いくつもの壁を乗り越えようとひたむきに前に進む彼らが、やがて見つけ出す未来とは……!?

■映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』作品紹介

映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』は、10月5日(金)より全国ロードショー!
公式サイト:http://perfectworld-movie.jp

監督:柴山健次
原作:有賀リエ
脚本:鹿目けい子
製作総指揮:大角正
エグゼクティブプロデューサー:吉田繁暁、森広貴、津嶋敬介
プロデューサー:古久保宏子、西麻美
企画:井上竜太、石田麻衣
プロデュース:井上竜太、石田麻衣
撮影:板倉陽子
照明:木村匡博
録音:田中靖志
美術:畦原唱平
装飾:西村徹
衣装:宮本茉莉、田口慧
ヘアメイク:黒田はるな
編集:森下博昭
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)
音楽プロデューサー:高石真美
VFXスーパーバイザー:小坂一順
選曲:長澤佑樹
スクリプター:松本月
助監督:土岐洋介
制作担当:森崎太陽
ラインプロデューサー:田中敏雄
製作年:2018年
製作国:日本
上映時間:102分
映倫区分:G
配給:松竹 LDH PICTURES
制作プロダクション:ホリプロ     
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

■映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』キャスト

岩田剛典=鮎川樹
杉咲花=川奈つぐみ
須賀健太=是枝洋貴
芦名星=長沢葵
マギー=渡辺剛
大政絢=雪村美姫
伊藤かずえ=川奈咲子
小市慢太郎=川奈元久
財前直見=鮎川文乃

【シネマの時間】
アートディレクション・編集・絵・文=諸戸佑美
©︎YUMIMOROTO

Share

諸戸 佑美

本や広告のアートディレクション/デザイン/編集/取材執筆/イラストレーションなど多方面に活躍。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article

Instagram

自分らしく輝きたい女性のためのウェブマガジン「PPssPP」公式アカウントです。
ファッション、トラベル、ビューティー、グルメの
おすすめ記事をピックアップしています。