1. PPssPP [あなたはユニークです]トップ
  2. トラベル
  3. チンクエテッレ、5つめの街へ〜ミラノ通信#32

チンクエテッレ、5つめの街へ〜ミラノ通信#32

Share

ユネスコの世界遺産にも登録されている、イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレ。ミラノ在住の河見恵子さんによる昨年のレポートに引き続き、いよいよ5つ目の村に向かいます。

チンクエテッレ、5つめの街へ〜ミラノ通信#32

■名前に「海沿い」の意味を持つ、5つ目の村

昨年ご紹介したイタリアで最も美しい場所のひとつ、チンクエ・テッレの記事で、1日で5つの村を巡るプランを立てたものの、4つ目の村で時間切れとなっていました。

(東から順にリオマッジョーレRiomaggiore→マナローラManarola→コルニリアCorniglia→ヴェルナッツァVernazza→モンテロッソ・アル・マーレMonterosso al mare)

いつか5つ目の村モンテロッソを改めてご紹介します、と書いて1年あまり。ようやくその機会に恵まれ、行ってまいりました。

アルマーレとは「海沿い」という意味。名前の通りここは、駅を降り立つと目の前にビーチの広がるリゾート地で、夏はたくさんの海水浴客が訪れます。

目の前にビーチの広がるモンテロッソの街

リグーリア州は気候も地中海性気候、特にこのリヴィエラ一帯は温暖で、冬にも避寒地として人気の場所です。

初秋の頃にはまだ太陽の光が照りつける、夏が戻ってきたかのような日があり、真夏の日差しや賑わいとは異なるけれど、空気は爽やか。人出もピーク時の半分以下で、なかなか快適です。

朝9時過ぎのビーチ、まだ静か

朝6時過ぎのインターシティーで、ダイレクトにモンテロッソまで2時間55分、朝日が昇るのを眺めながら35ユーロの旅。

まずは朝のカフェを、と綺麗に舗装された散歩道を歩き出すと、海に張り出したテーブル席のあるバールを発見。活気ある店内は楽しげに寛ぐ客と、キビキビと働くカメリエーレで、いい感じです。

このバールは下にバーニョ(イタリア版海の家、パラソルと寝椅子を1日から数カ月単位で貸してくれる。大抵はバールやレストラン付き、長期客にはロッカールームも)を経営している、と教えてくれました。

海に張り出したバール、なんとなく惹かれて入って正解! 朝からランチタイム、アペリティーボとひっきりなしに常連含め訪れる、居心地のいい店

泳がなくても海風にあたりながらのんびりしたいと思っていたので、寝椅子とパラソルを確保。1日10ユーロと良心的な価格でした(夏の高級ビーチなどでは、1日80ユーロ以上するところもあります)。

イタリアでは砂浜は珍しく、ほとんどがサッシと呼ばれる小石の浜。素足では痛いので、ビーサン必須です。

朝の散歩で波打ち際をそぞろ歩き、海の透明度に感動し、足をつけてみるとやっぱり冷たい。こんなときにも泳いでいるのはドイツ人だと、イタリアでは言われています。寒いところから来ると、暖かく感じるのでしょうね。

波打ち際を散歩

海岸沿いに歩いて、絶景スポットを楽しみながら、ボルゴアンティコと呼ばれる旧市街まで足を伸ばします。

絵に描いたような素晴らしい景色

散歩道にもカフェテーブル

■イタリアらしい、旧い街並み

旧い街並みは、買い出ししたり教会に行ったり立ち話ししたりと、そこに住む人々の生活感が溢れながらも観光客や土産物屋もひしめく、地元の生活と観光地の雰囲気が程よく混じり合う、イタリアらしい光景。

街中は、小回りがきいて荷物も運べる、小型3輪車がメイン。チンクエ・テッレの村は崖に張り付くようにできているので、もともと中心地には車は入れないところがほとんど。そんなところも、のどかな美しさを保っている理由でしょうか。

車両進入禁止の街、小型3輪車が活躍。崖の街だけあって階段が多い

街のエノテカ、カンティーナ・デル・ペスカトーレ 「La Cantina del Pescatore」様々な地元ワイン、食材に陶器などが揃う。グラスワインを頼むと地元産オリーブに片口鰯とジェノバペーストのカナッペ。トロフィエはこの地方特有のパスタ、指先でクルクルと丸めた形

地元の生活と観光地の雰囲気が程よく混じり合う

ランチタイムには2カ所をご紹介。ひとつは友人のソムリエの紹介で行ってみたラ・バルカッチャ「La Barcaccia」。船内のような内装、シーフードの新鮮な店で、昼夜ともにピッツァもオーダーできます

船内のようなレストラン、ラ・バルカッチャ。リグーリアではタコも名物

■絶景のランチスポット

ふたつめは、旧市街へ行く途中の崖にある塔を改装したレストラン、トッレ・アウローラ「Torre Aurora」。

幾重にもテラス席が重なり、モンテロッソのビーチや水平線が一望できる絶景スポットです。

断崖に建つ塔を改装したレストラン、トッレ・アウローラ

10時過ぎから日差しは様変わり。正午を回るとじりじり肌が焼けて行く感触が。こちらの日差しはかなり強く、5月からは街歩きしているだけで、手足があっという間に黒くなっていきます。

ビーチではもっと強烈に肌に刺さる! 薬局に行くと、SPF50のみ、たくさん売れ残っていました。日焼け命のイタリアでは、最も売れないものなのでしょう。

ひと昔前まではこの数値のものは見かけませんでした。ここは観光客のために在庫しているのでしょうか。

午後には、ビーチは日焼けのために横たわる人々でいっぱいに。まるで真夏のような光景です。少しでも日差しを求めて、岩の上で焼きに専念する人もちらほら。石焼きステーキを彷彿とさせます。

もともとメラニン色素も肌の色も違うイタリア人、見事なブロンズ色の肌が、何よりの自慢だそうです。

■ビーチでゆったりする時間

初夏の日差しに変わる5月末から10月までの期間、遊びに来てビーチでゆっくりしたくなったら、パラソルと寝椅子を確保して、バスタオルやビーサン、日焼け止めクリームなどは現地調達できますので、ご安心を。

ちょっと砂浜に横たわるだけでいい、という場合にも、どこからか大判の布を大量に持った物売りが御用聞きにくるので、便利ですよ。

イタリアでは大量に売れ残っている、SPF50の日焼け止めクリーム

海に張り出したバール・ヌォーボ・エデン(Nuovo Eden)
Via Fegina, 7
0187.818256

ラ・カンティーナ・デル・ペスカトーレ(La Cantina del Pescatore)
Via V.Emanuele,19
0187.817589

ラ・バルカッチャ(La Barcaccia)
Via Molinelli,6/8
0187.829009

トッレ・アウローラ(Torre Aurora)
Via Baslione,5
366.1453702

Share

河見 恵子

日本航空で15年間、国際線客室乗務員として勤務。退職後はミラノに居住し、東京と往復する生活。ミラノ・ブレラ地区を中心に、身近な情報をブログやFBで発信。ミラノでは在イタリア日本人のために料理教室をオーガナイズ、開催。ワイン好...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article

Instagram

自分らしく輝きたい女性のためのウェブマガジン「PPssPP」公式アカウントです。
ファッション、トラベル、ビューティー、グルメの
おすすめ記事をピックアップしています。