1. PPssPP [あなたはユニークです]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 恋愛で傷ついたことのあるすべての人へ。映画『マイ・プレシャス・リスト』

恋愛で傷ついたことのあるすべての人へ。映画『マイ・プレシャス・リスト』

Share

『マイ・インターン』のプロデューサーが贈る最新作は、恋に、仕事に、夢に悩むヒロインの普遍的な成長物語。主人公はIQ185なのにコミュニケーション能力ゼロという引きこもりがちな女性・キャリー。セラピストから渡された”幸せになるためのリスト”をクリアするため、6つの課題にチャレンジしていくのですが……。

恋愛で傷ついたことのあるすべての人へ。映画『マイ・プレシャス・リスト』

◼︎ユーモアとあたたかさに溢れた成長物語

PPssPP読者のみなさん、こんにちは。

今回みなさんにご紹介したいのは、『マイ・インターン』のプロデユーサー最新作『マイ・プレシャス・リスト』です。

アン・ハサウェイ演じる女社長のジュールズが、ロバート・デ・ニーロ演じるシニア・インターンのベンと交流することで、自分を取り戻していく『マイ・インターン』。

本作はそんな『マイ・インターン』に負けないぐらいのユーモアとあたたかさに溢れ、観終わったあとは誰もが”一歩踏み出す勇気”をもらえる作品に仕上がっています

IQ185なのに、コミュニケーション能力ゼロのヒロイン・キャリー。恋に仕事に夢に悩む女性を、イギリスの新星ベル・パウリーがユーモラスに、等身大で演じます。

◼︎『マイ・プレシャス・リスト』のストーリー

NYマンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリー)は、ハーバード大学を飛び級で卒業したIQ185の天才。

だが、友だちも仕事も持たず、1週間に17冊もの本を読むキャリーは、コミュ力ゼロの屈折女子だった……

ある日、キャリーが通うセラピストのペトロフは、キャリーに6つの課題が書かれたリストを大晦日までにクリアするよう提案する。

「このリストをやり遂げれば幸せになれる」というペトロフだったが……。

ペトロフからのリストに書かれていたのは、以下の6つの課題だった。

1.ペットを飼う
2.子供の頃好きだったことをする
3.デートに出かける
4.友達を作る
5.1番お気に入りの本を読む
6.誰かと大晦日を過ごす


抵抗しながらも、ひとり暮らしの家で金魚を飼うことから始めたキャリーだったが、リストはなかなか進まない。

そんなある日、家にこもっている娘を心配したロンドンで暮らす父親から、法律事務所の文書校正の仕事を勧められたキャリーは、気は進まなかったが仕事を始めることにする。

法律事務所で同僚のタラとダグラスと出会い、打ち解け始めたキャリーの日常は少しずつ変化していくが――。

◼︎恋愛で傷ついたことのあるあなたへ

「デートに出かける」の項目をクリアするため、新聞広告をきっかけに2カ月後に結婚を控えた恋人のいる男性・マットに会うことになったキャリー。

初めは、マットの婚約者に彼の浮気を告げ口しようと思っていたキャリーですが、想像以上に素敵なマットに惹かれてしまいます。

だけどそんなとき、キャリーの脳裏によみがえったのは、過去の苦い恋愛でした。

大学時代、孤独だった自分に手を差し伸べてくれたと思った大学教授のハリソンに、深く傷つけられてしまったのです。

いつも婚約者の影がちらつくマットとはうまくいかず、一番のお気に入りの本をハリソンに貸したまま返してもらえていないため「一番お気に入りの本を読む」の課題もクリアできないキャリー。

リストをクリアする意味を見失いそうになるキャリーでしたが、クリスマスイブの日、ふとしたきっかけで隣の部屋に住む青年・サイと散歩に出かけることになります。

サイの言葉に後押しされ、自分自身の過去と向き合うことを決めたキャリーは、大好きな本を返してもらいにハリソン教授のもとに行く決心をします。

果たして、キャリーはリストの課題を全てクリアし、幸せを手にすることができるのでしょうか?

IQ185なのにコミュニケーション能力ゼロという”屈折女子”のキャリーですが、恋に仕事に夢に悩むその姿や、一生懸命に生きているのに空回りしてしまう姿は、きっと誰もが共感してしまうことでしょう。

社会に馴染めず心を閉ざしている主人公が、セラピストから”幸せになるためのリスト”を渡され、そのリストの課題を実践することで成長していく姿を描いた『マイ・プレシャス・リスト』。

ユーモアと感動あふれる本作は、人肌恋しい季節にぴったりの普遍的な物語です。

◼︎『マイ・プレシャス・リスト』公開情報

『マイ・プレシャス・リスト』
10月20日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
監督:スーザン・ジョンソン
出演:ベル・パウリー、ガブリエル・バーン、ネイサン・レイン
配給:松竹
上映時間:98分
公式サイト:jhttp://my-precious-list.jp/
Ⓒ2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Share

古川 ケイ

映画ライター。新作映画情報サイト「木曜日のシネマ」運営。 大学卒業後、インディペンデント系映画配給会社に入社し、映画業界誌の編集・ライター業務に従事したのち、宣伝部にて洋・邦映画作品の宣伝を手がける。その後テーマパーク運営...

関連記事

Latest Article

Instagram

自分らしく輝きたい女性のためのウェブマガジン「PPssPP」公式アカウントです。
ファッション、トラベル、ビューティー、グルメの
おすすめ記事をピックアップしています。