1. PPssPP [あなたはユニークです]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 凛とした冬の足音が聞こえる季節。衣替えは、自分のイメージを更新する絶好の機会

凛とした冬の足音が聞こえる季節。衣替えは、自分のイメージを更新する絶好の機会

Share

秋の深まり、冬の足音――。季節の移ろいとともに、街で見かけた素敵なひとを紹介する『素敵なひとの素敵な生活』。今回見つけたのは、凛とした”冬質”の空気を纏うひと。スカイブルーのハイゲージニットにダークブルーのコーデュロイパンツ。ブルーのワントーンが素敵なそのひとの生活を想像の世界からすこしだけ覗いてみます。

凛とした冬の足音が聞こえる季節。衣替えは、自分のイメージを更新する絶好の機会

街を歩いていて目を惹くあの人。

なぜその人にひかれるのか、そこに感じられるのは背後にあるライフスタイル。

その人から感じられる素敵な生活を妄想してみた。

■先日、街で見かけたのは、凛とした”冬質”の空気をまとうひと

先日、街で見かけた凛とした“冬質”の空気を纏うひと。

スカイブルーのハイゲージニットにダークブルーのコーデュロイパンツ。ブルーのワントーンが素敵。

そこにさした白いシャツとシルバーの小物が効いている。

艶やかな巻き髪ベリーショートにローズピンクの儚げなメイクがマッチして、彼女が通ったところに凛とした空気が残る。

そう、無駄のない凛とした美しさ、まさに“冬質”だ。

秋のスタートダッシュに遅れをとり、慌てて秋服でも探そうかと思っていた私は、彼女を見て、ああ、秋の次には冬が来るんだな、と当たり前のことを考えた。

外見も内面も重ねて「深まる」ことを楽しむ秋。
色づいた葉の華やかさも好きだが、それらが落ちた後の枝は、生物の本質をあらわしているようでもっと好きだ。

秋を楽しんだ後は、済んだ冬の空気のような、静かなムードを楽しみたいものだ。

■年に二回の衣替えは、自分のイメージを更新する絶好の機会

そう、たとえば、おろしたてのモヘアのニットにパウダリーな血色メイクを重ねてみる。

ファーやモヘア、カシミヤなど、冬素材は間違えるとリッチになりすぎるから、メイクは引き算を心がける。

丁寧に保湿をして、肌に潤いを閉じ込めたら、粉雪のようなフェースパウダーをのせる。色は血色だけ、ローズピンクを目元と唇にオン。ハイライトにラベンダーを重ねてもいい。アンニュイで幸福感もある“冬質”なメイクが出来上がるだろう。

“冬質”を手っ取り早く楽しむなら枯れ木を花瓶に飾るのもいい。

自然の作る造形美は美しいし、枝物はインテリアがモダンに仕上がる。

冬本番になったら、ここに蚤の市で集めたお気に入りのオーナメントを飾る楽しみもある。

凛とした“冬質“な空気を纏うためにはデトッックスも大切だ。

むくみも、疲れも、不安も、嫉妬も、溜め込んではいけない。

湯けむりの中、何も考えずにただひたすら時を過ごす。体が軽くなったら心も軽くなっているだろう。

年に二回の衣替えは、自分のイメージを更新する絶好の機会だ。

去年の冬、何かしら「こうなりたい」と思って着ていた服。

今着てみて、どうだろう、今の「こうなりたい」とマッチしているだろうか。

その服が持つイメージが、今の自分に必要がないなら潔く手放そう。


なんて妄想をしながら、ちらりとクローゼットに目をやる。

ズボラな私でも、クローゼットの整理だけは定期的に行って来たのに、今年はまだ手付かずだ。

アパレル業界からイラストレーターになり、環境が大きく変わった二年目の冬。実はおしゃれの迷子を拗らせている。

それは生きる上で前に進むために、何を選び、何を手放すべきか迷っているのだ。

そろそろ決めなければ、そう思いながら夜明け前の窓を開けた。

しんとした静かな空気が入って来た。凛とした冬が足音を立てずに近づいて来ているのを感じた。

Share

ヤベ ミユキ

イラストレーター。美容、アパレル業界を経てイラストの世界へ。前職のキャリアを活かしたファッション、美容イラストを描いています。

関連記事

Latest Article

Instagram

自分らしく輝きたい女性のためのウェブマガジン「PPssPP」公式アカウントです。
ファッション、トラベル、ビューティー、グルメの
おすすめ記事をピックアップしています。