11月特集「性欲と情熱」

Share

誰にだって性欲はある。当然、男性だけじゃなく、女性にも性欲はある。一人ひとりが自分が心地よい形で、自身の性欲を満たすことができますように。

11月特集「性欲と情熱」

性欲をふいに自覚することがある。

自分の心や身体が、快楽を求める瞬間。

でも、私たちは性欲とか性の話を進んですることは少ない。どこかタブー視されている感があるし、性について語る女性は、「はしたない」「下品」だと見られてしまうことがある。

食欲、睡眠欲と並ぶ本能的な三大欲求にもかかわらず、なぜか性欲だけが、「恥ずかしい」とか「きれいなものじゃない」とか、無理矢理に閉じ込められている。

ほんとうは、性欲にもっと素直になっていいし、性の話をもっとオープンに、前向きにしたっていいのに(もちろんエロいことが嫌いな人はそのままでもいい)。

性欲は人間なら誰もがあたりまえに持っている欲求。

人それぞれ性的嗜好は違うけれど、生きている限り、誰もが自分の性欲と付き合う必要がある。

自分の性欲と向き合い、自覚して、満たす――これは自分が生きている証だし、やっぱり純粋に自分が求める気持ち良さを楽しみたい。

一人ひとりが自分が心地よい形で、自分に潤いを与えることができますように。

撮影:Masayo(@masayo_rix)/モデル:平野鈴

女が性欲で困って何が悪い

SMの女王様が教えてくれた、性を楽しむかっこよさ

セルフプレジャー、してますか? 自分の性欲を満たすことは、自分自身を大切に扱ってあげること

レズ風俗体験記。自分の性欲を否定してきた私が、性欲はあっていいんだと思えるまで

女性用性感マッサージ体験記。「性欲を素直に伝えるトレーニング」になった

バイブコレクター・桃子のお墨付き。私の性欲を満たす優秀バイブ3選

極上のエロスを堪能できる小説3作品

女の性欲には終わりがない。正直に向き合うことで楽になる

音楽と性は強い結びつきがある 女性の性を開放する6曲

アナルで物事を考えているなと感じる。

レズ風俗体験記。性経験のなかった私が自分を受け入れ、自信を持てるようになった話

「私がおしっこする瞬間を見てほしい」 映画『娼年』が描く性的嗜好の多様性

「性」を舞台に働くふたりが考える、気持ち良さの楽しみ方

セックスせずに振られるのが一番嫌【さめざめ 笛田サオリインタビュー】

「会話」が苦手だったけど「セックス」は楽だった。紗倉まなが見つけた、コンプレックスの諦め方

Share

PPssPP編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article

Instagram

自分らしく輝きたい女性のためのウェブマガジン「PPssPP」公式アカウントです。
ファッション、トラベル、ビューティー、グルメの
おすすめ記事をピックアップしています。