1. PPssPP [あなたはユニークです]トップ
  2. セックス
  3. ひとりでもパートナーと一緒でも。初心者向けバイブ3選

ひとりでもパートナーと一緒でも。初心者向けバイブ3選

Share

「ラブグッズコンサルタント」を名乗り、ラブグッズ(アダルトグッズ)情報や世界の性に対する考え方を発信しているとぅるもちさんが、おすすめのラブグッズを紹介。今回のテーマは、初心者向けのバイブ。ラブグッズを使うことに抵抗がある方でも手に取りやすい3つを紹介します。

ひとりでもパートナーと一緒でも。初心者向けバイブ3選

「セルフプレジャーがパターン化してきて物足りない」「新しい刺激にチャレンジしたい」という方へ、今回は初心者向け×外イキ(クリトリスでオーガズムを得ること)に焦点を当ててグッズ紹介をしていきます

■初心者向けバイブ3選

TENGA「iroha+」RINGOTORI

かわいいフォルムのため、実家暮らしの方も購入しやすいです。

防水性はばっちり。音もうるさくなく扱いやすい。小柄なフォルムにも関わらず、振動パターンが何個あり、動きも繊細です。

私のまわりの女性はirohaシリーズ持っている人が本当に多い。あえてデメリットを言うと、私は吸引バイブを使用してからはirohaでは物足りなくなりました。本当に初心者さん向けです。

LELO「SONA」

クリトリス吸引バイブ
2年前に購入した、ラブグッズ専門店「ラブピースクラブ」の福袋に入っていたもので、一番のお気に入りです。

なぜこんなにオススメできるかというと、吸引バイブの中では最もコスパがいいから。
安価すぎるものは的確な場所に当たりません。また音がうるさく、防水性に欠けるためにお手入れが難しい。

一方、巷で人気のものは高すぎることがネックです。ラブグッズに余程興味がないと、2万円以上する吸引バイブにはなかなか手を出せません。

SONAは価格としては真ん中あたり。1万円以内で買えます。
振動パターンは豊富かつ繊細で、お手入れも簡単。
ここまで褒めてると怪しささえあるのですが、2年以上使っても壊れていないので圧倒的信頼を置いています。

SONAの最新版も欲しいけど、今の子が壊れるまでまだまだ時間がかかりそう……。

tracy's dog 「Riodong」

こちらは最近注目している、クリトリス吸引+膣への挿入ができるバイブ

これは吸引バイブのなかでも非常に安価! アメリカAmazonではジャンルランキング1位を獲得しています。10種類の振動モードがあり、音は静かめです。

吸引力はSONAよりも弱いので、「強い刺激は痛い」という方にオススメします。

また、中イキしづらい私にとって、膣に挿入のみのバイブはあまり魅力を感じませんでしたが、同時に使えるとなるとモチベーションが違ってきます!

外が気持ちいいと中も気持ちよく感じられます。不思議。

他にも高価で性能がいいものもたくさんあるのですが、初心者さんには手を出しづらい金額なので、こちらをオススメします。

■結局は「使ってみないとなんとも言えない」

初心者向けにバイブを紹介しましたが、ぶっちゃけてしまうと、バイブなんて使ってみなきゃわからないです。

初めてバイブを買うときは、それは悩みました。
いろいろなレビューを参考にしても、結局宣伝なのかよくわかんないもんな……。

実際に大量のバイブを集めて直接使って試すのが一番なんですけど……。AV企画じゃない限り実現しそうにない。残念。
女の子が集まって試してキャッキャする会してみたいな。

■「ラブグッズを使うことに罪悪感がある」というあなたへ

さて、ここまでおすすめのバイブを紹介してきましたが……。
「ラブグッズを使うことに抵抗がある」という方も、きっとたくさんいますよね。

私が最初にラブグッズを手にしたのは18歳の頃。18歳になったのをいいことに、ワクワクしながら専門店「LCラブコスメ」でお買い物をしたのを今でも鮮明に覚えています。

買ったのは、「ベッド専用香水」「キス専用美容液」「黒ずみ・匂いケア石鹸」です。サイトを見ればわかりますが、定番中の定番、人気商品です。あなたが想像したラブグッズとは違っていたでしょうか。

ラブグッズは、何もローターやバイブばかりではありません。

私にとって、コンドームもリップクリームも、パートナーとよりよいセックスをするための道具はすべて“ラブグッズ”です

「使ったことないよ〜」なんて言ってたあなた、安心してください。しっかりラブグッズを使っていますよ。

キレイだね、と褒めてもらうためにメイクをする感覚と同じで、相手に何か一部分でも褒めてもらえたらいいなあという思いで、あのときの私はラブグッズを買ったのかなと思います。


とはいえ、バイブを買う勇気がなかったのは確かです。
「これは悪いことじゃない、恥ずかしいことじゃない」とって思っていても、これまで積み重ねてきた意識を変えるのは難しいことでした。

そんな中、「これくらいなら使ってもいい」と思えたのが香水・リップ・石鹸だったのです。ここから始めてみると、バイブも何かと理由をつけて買えちゃうものです。

バイブだって、自分の気持ちいいポイントを知り、パートナーとよりよいセックスをするためのグッズのひとつ。
最初は「膣の締まりがよければ尿漏れ防止になる」→「バイブ使おう」程度の気持ちでもいいんですよ

Share

とぅるもち

ラブグッズコンサルタント。オススメアダルトグッズを紹介したり、世界のセックスミュージアムを駆け巡る女です。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article

Instagram

自分らしく輝きたい女性のためのウェブマガジン「PPssPP」公式アカウントです。
ファッション、トラベル、ビューティー、グルメの
おすすめ記事をピックアップしています。